ぼっとんべんじょ

糞尿がドンドン溜まっていく場所

社会人3年目が残業を年間600時間やってみた

社会人3年目のBtoC製品開発のエンジニアが年間600時間残業してみて、起きたことや思ったことなど。

勤務時間について

勤務体系は平日日中の定時間勤務で、残業は毎日2〜4時間程度行っていた。
ノー残業デーのような制度はなかった。

給料について

大体、年収の1/3くらいが残業代となる。
基本給は安いが、これだけ残業すると大手ホワイト企業で勤務する同年代の年収を上回ることもあり、自分がわりと稼げているような錯覚を持てる。

 

これは想像だが、薄給激務な会社に残る動機というのは基本的にこの「額面はそこそこある」という事実が大きいように思う。

生活について

平日は、仕事が終わればカップ麺や弁当を食べて寝るだけである。

 

食事の満足感などは比較的どうでも良くなり、安くてそこそこ効果のあるビタミン類などのサプリメントを日常的に摂取していた。むしろ食事よりも睡眠のほうが重要で、満足度とパフォーマンスに強い相関がある。自炊をするくらいなら睡眠時間を確保したほうが余程コスパが良い。

 

コーディングや勉強会などの自己研鑽の時間は週末の休みに確保することになり、結果として趣味も人付き合いも希薄なものになっていった。

 

生活を考えるということは、欲求とどう継続的に向き合っていくか考えることと等しいと思っているが、承認欲求のようなこじらせやすいものはあまり問題にならなかった。人間社会との接点が職場に限定されてしまうので、職場で足を踏み外すと一瞬で終わっていくだろうなという感じ。

 

毎日就寝前にシコっていたので性欲は特に問題を起こさなかった。

体調について

白髪が増えた。学生時代は1年に1〜2本出てくる程度だったが、今では探さずとも何十本も見える。
(余談だが、上司からは「まさかストレスが原因じゃないよな?こんなのでストレス感じてたらどこ行ってもやってけないぞ〜w」みたいなことを言われ、うわっこんなにパワハラ上司のテンプレみたいなこと言うやつ実在するんだ!!!と思った) 

また、繁忙期やストレス過多なときには、血尿や、血の混じった精液が度々出た。

 

休日に体調を崩すことがたくさんあって、何もしないで寝ているという日は多かった。

不思議と平日に体調を崩すことはあまりなかったが、周りの社員たちは限界が来ると本当に無理になってしまうので、これで済んだのは個人差だなと思う。

思うこと

残業600時間/年という単位はホワイト企業ブラック企業の境目にあると感じる。

というのも、いわゆるホワイト企業では、より時間制約の厳しい残業規制を設けていることが多く、残業時間の実質的な上限はおおよそ200〜250時間/年程度になる。

逆にブラック企業と揶揄される企業の多くは、1日あたり5時間程度の残業は珍しくないが、これを認める労使協定を結んでいる企業はほとんどなく、サービス残業のような勤怠記録の改ざんが行われているのが実態だろう。

つまり600時間/年の残業というのは、「コンプライアンス意識を要求され従っているが、積極的には労働環境改善に取り組まない」企業でのみ行うことができる特殊な労働形態といえる。

 

自分の身の回りに限って言えば、残業肯定派の社員が「昔はもっとひたすらに働いていた」とか「質の高いものを作るには時間が必要」といった持論を展開し、残業を認める体質や、積極的な制度変更をしない空気感を作っている。

まあ、時間を消費して品質を高めることは可能だと思うが、こういうことを言う人は実現可能性と「すべき」を無意識に直結しがちなのが根本の問題である。

結局それは組織の持つマンパワーの暴力を捨てたくないということであるし、同時に、その暴力に対抗できるような優れた構造を持っていないし作れもしないという自信のなさであると思う。

 

こうした企業は日に日にその力が弱まっていき、いつかゆるやかな死を迎えるのだろう。

その社会的な清廉さを維持したまま死ぬこと自体は、美徳かもしれない。

だが、そもそも死を受け入れたくないのであれば迷わずその前時代的な暴力を捨てるべきであるし、それが出来ないのであれば、もはや無意識の生を求めて彷徨うゾンビと同じだ。

 

平成の死とともにゾンビもまた死んでくれないだろうか、などと他力本願なことを考えてしまう。こんな悲しい世界が出来上がってしまったのは、平成という時代の中で各々が必死に自分の人生を、ひいては社会を自分事として捉えてきた結果だろう。もはやこれまでなのだ。

 

来たる次の時代は、終わったものたちを安心して看取ることができる世界になるよう歩んでいきましょう。よろしくお願いします。