読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっとんべんじょ

糞尿がドンドン溜まっていく場所

モテたければ、理系男子になるべきである

理系男性に対する「真面目、冷静、知的で論理的」という見方が、流行から共通認識へと変化してきました。
さらにこの要素に加え、極めて希薄な恋愛経験という現実性を付与したテレビドラマ『逃げ恥』がヒットし、理系男性のイメージは定着したという感があります。

 

残念ながら、実際の理系の人の多くは、かなり頻繁に見当ハズレな発言をします。全力の自信を持って。
これは一流と評価される大学の学生や、出身者、教授でも同じことです。ほぼ全員が、飲み屋でガバガバ理論を説いて悦に入るオッサンになっています。

実際のところ、論理に対して厳密性を求めている、という自信のみが存在し、一方で事実はないので、こうなっています。

 

これは、自分の知らないことに対して無自覚に勝手な仮定を置いて思考しているからですが、さらに問題なのは、勝手な仮定をしているせいで、自分の知識の無さを自身が確認できなくなっているところです。

人間相手でも同じような思考をするせいで、ありがちな理系男子失敗ネタをみんなで踏んでいきます。大概の理系は自分の脳味噌に価値が存在していると考えており、失敗もまた誇れる思考の結果なので、反省はあまりしません。

当然ながら、彼らは真面目でも冷静でもありません。おおよその場合それしか知らないだけです。理系がキレると変な感じになることが多すぎるのはそういうことです。

 

つまり、理系は一般の社会生活、さらには親密な関係下での生活において、知的でも論理的でもなくなるということです。

考えなければ人ではないという言説を信仰する人はとても多いですが、おもむろに対偶を取ってみると、たしかに考えるだけならば人であればだいたい可能そうな気がします。

飲み屋で思想を語るオッサンも考えていますし、あとは、Twitterを見ればわかりますがヤンキーもああ見えて色々考えています。思考というのは知能という人間の一能力の利用なので、浅かったり見当違いだったりする率の高さは当然あります。

 

大半の理系の外見は知的な雰囲気からは程遠く、人格的な性質すらも変わっているとなれば、いわゆる"理系男子"のイメージは、現実の理系男性をまったく指していないということになります。

つまり"理系男子"は、現実を基準にして発生したものではなく、純粋な理想像です。字面の印象とは裏腹に、現実からの引力をほぼ受けていないっぽいので、これを目指せば、ニーズと完璧に一致し、激モテとなります。

モテるということは、概念になるということです。みなさんも概念になるため、理系男子を目指しましょう。