読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっとんべんじょ

糞尿がドンドン溜まっていく場所

あけおめ的な

あけましておめでとうございます。去年までにお世話になった方も、新しく出会う方も、今年1年どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

もうすっかりアニメの振り返りなどする気はなくなってしまって、昨年に引き続き何も書いていません。というか、もうアニメもろくに見ていません。去年まともに見たのはえとたまぐらいでしょうか。面白くないアニメは切る、前評判の芳しくないアニメは切る、でも流行りのアニメだけは内容を押さえておく、というような数年前の自分が一番忌み嫌っていた存在に成り下がってしまったんだなと痛感します。

大好きだったアニメに限らず、信念という概念そのものがどこかへ飛んでいってしまったような感覚です。決めたことは決めたどおりやる人間でしたが、場合によって判断を変えてしまうことが多くなったような気がします。人並みに臨機応変になったという点では単に良いことなのですが、昔の自分と比較して変化が起きていると、なんだか不安になります。あと、ようやく自己認識ができるようになった、というだけの話かもしれません。よくよく考えれば昔から飽き性で、いろんなゲームやらホビーやらなんやらを放り出していた記憶があります。そういうときに、意志の"始まり"ではなくて"終わり"に注目するようになってしまっただけなのかも。

こだわりって、有ったほうがいいんでしょうかね。自分にはすっかりわからなくなってしまいました。結局のところ、こだわりというのは逆張り的なものなので、世間に迎合してしまうほうが良いのでしょうか。何かにこだわってアイデンティティを形成することは、必ずしも自己の幸福には直結しないのではないかと考えるようになりました。むしろ歪んだ形で形成されたアイデンティティは、一度、世間をモノマネすることによって消滅させる必要がある気すらしています。幸せになるための土壌としての自己を用意しなければ、実は何も始まっていないのではないでしょうか。

 

ともかく、今年は強制的に変化が与えられることになります。うまく卒業できればの話ですけど。自分で言うのもバカ自慢のようでアレですが、少なくとも大学の同級生たちや内定先企業の同期たちよりは、底辺の世界が大きいものであること、そして狭い世界であることを知っている自信はあるので、どんな形であれ生きていくこと自体は出来るだろうという妙な余裕があります。昨年の10月頃からは久々にゲームセンターに通いつめてみましたが、土方のおっさんがこれだけの金額をつぎ込んでゲーム出来ているなら、自分もそこそこ楽しく生きられるんじゃないかと思ってしまいました。

 

ところで、恋愛には、もはや一切の希望が持てなくなりました。結局のところ、自分は歪んだ育ち方をしてしまったので、健常な人間は寄り付かないのです。歪んだ人の中には極端に自己を尊重する人と、極端に自己を卑下する人がいるということをよくよく理解できましたが、自分はおそらく後者なので、人に迷惑をかけて自分が幸せになることすら出来ません。そのくせに、与えられなかった分の承認を取り戻そうと必死なので、端的に言って完全に詰みです。愛情には敏感なつもりでいるので、お金で得た承認が人格を評価するそれと異なることはすぐにわかるので、成金的・小金持ち的な女遊びの愉しみ方も自分には一生理解できないのでしょう。

 

幸せにはなれないのではないかというぼんやりとした不安が、いよいよその輪郭が鮮明になり、確信へと変わってきました。自分なりに色々ともがいてはいるものの、本質的な部分には一切触れられていないように感じます。答えはどこにあるのでしょうか。証明問題は「解なし」であることを示すのが一番大変だという話がありますが、まさに今その導出作業をしているような気がしてなりません。解が得られるか、それとも解なしであるか、いずれにせよ何者にもなれないまま終わりたくないのですが、きっと何者にもなれないのでしょう。