読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっとんべんじょ

糞尿がドンドン溜まっていく場所

情報系のあれこれ、高専の優位性

高専っていう環境は結構特殊だなあと、卒業してから時間が経つごとにだんだんと実感してきました。どんな異常な環境も、その環境下ではその異常性をほぼ認識できないものです。

「結局のところ、高専ってどうなのよ?」ってネタ大好きなので(自分も不定期的にやる)、この記事を読んで思ったこととか適当に書きます。

 

shopetan.hatenablog.com

 

 

情報系を志す中学生の分類は大体合っていると思う。ただ、ひとつ気ににしなければいけないのは、「仕事にしたい」人、つまり、学びたいというよりも学んだという証拠がほしい人と、純粋な「勉強したい」人とのの区別。

勉強をするなら、高専への進学は概ね間違っていない選択だと思う。受験の過程で身につくような"一般教養"の不足は、情報系の分野を勉強したいという強烈な情熱を持ったひとはあまり気にしていないように見えるので、あまり後から後悔して自我と将来がセットで揺らいでしまうみたいなことはないのではなかろうか。大学編入をしても、高専生はなんやかんや真面目なのと圧倒的な専門知識の貯金があるおかげで優秀な子ポジションをキープしている。大学入りたての子にありがちな「遊ぶ奴が一番賢い」みたいなわけのわからない空気と無縁なのも良いんじゃないかな。

一方で、勉強そのものにはあまり興味はないが、仕事にしたい(その業界/業種で働きたい)がために学校に行く、となると話は多少ややこしくなる。というのも、高専自体からの就職は、実はあまり良いものではない。

高専では,就職はワイルドカードを使っていると言っても過言でない.
これはおそらく殆どの高専がそうであり,高専の卒業者は大手のメーカに勤めていたり,大手のインフラ系に勤めているケースが少なくない.
また,情報系に限った話ではなく,これは一般的な高専生の就職先のケースとして挙げられるものである.

という話だけども、実際には、たぶん情報系学科は他の学科と比べてこの点での優位性を持っていない(学校間で結構差があるけど)。機械や電気は有名企業に入れる人が多いが、情報系になると、有名企業の子会社であれば御の字だろうという世界になり、昔から続く中小ソフトハウスに行く人も珍しくない。採用が厳しいほど、昇進もまた厳しい。学部卒・院卒がたいした実績もなく先に昇進していく、というのはよく聞く話です。

これを解決するキャリアプランは2つあって、大学に編入学してしまうか、完全実力採用で流行り技術どんどん使っていきます系ベンチャーに自分を売り込んでいくかがある。

 

ちょっと一旦話を脱線させると、高専生の評価が高いというのも2種類ある気がしている。というのも、「Fラン大卒よりはマトモ」というのと、「高専には本当にスゲエヤツがいる!」というもので、前者は大多数の卒業生が形成して多くの息長い会社が認識していることで、後者はほんの一部の社交的かつ優秀な人が形成している、肉焼く逆求人イベントとかに来るような会社だけの認識のように思う。

情報系、とりわけプログラミングとかセキュリティの勉強に積極的な人は、たぶんベンチャーを探せば社風とか業務内容がかなり合致したものがあると思う(ていうか、勉強会とか行くとWebベンチャーっぽい空気が充満してて染まる)ので、後者の評価を与えられる人になるべき。

ただ問題なのは、"普通の大企業"に行きたい人たち。さっきのキャリアプランの話に軌道修正すると、結局のところ、高専からは大企業を狙うのは難しい(ちなみに学部卒でも難しいので、とりあえずみんな院に行く)。インターネット上だと技術活かして面白いことやるのを仕事にしたいっていう高専生は多いけど、その逆の、仕事に求めるものが面白みよりも収入だったり生活の長期的安定性の保証だったりする人というのはあまり声を上げない。でも、サイレントマジョリティとして確実に存在している。こういう人は妥協して先に挙げたような高専生の典型的な就職先に行くか、編入でロンダしてから別の学歴の皮を被って就活する。高専にメリットありますか?という話になると、ちょっと疑問視せざるをえないかなというのが率直な感想です。

 

逆に言ってしまえば、純粋に勉強したい人(上のエントリは、そういう人だけを捉えての話だと思う)は、高専に入ってデメリットらしいデメリットってないんじゃないかなと思う。最近の情報系の賑やかな界隈で使われているような技術・技能なんて、なにひとつとして大学でもやらないので、そういうのがやりたければ勉強会やらに行く必要とかがあります。みんなが大学受験している間にクソ暇な時間を活かしてそういう場所に足を運んで、みんながはじめてのC言語で苦しんでいる間にバイトで雇ってもらうなりCTFやら競プロに出るなり、みたいなことができる時間的優位性こそが魅力なんじゃないかなあと思っています。

編入にしろ就職にしろ、スキルと実績でガンガン殴っていけば意外に拾ってくれるところは多い印象なので、進路を気にせず専門的な勉強をしたい、高専出てからも情報系の流行りモノ界隈で生きていきたいって人はめっちゃいい選択肢なんじゃないでしょうか。