ぼっとんべんじょ

糞尿がドンドン溜まっていく場所

流行も知らず、漢字も読めず、法律も思想も歴史も地理も知らず、しかし自身の経験のみに基づいて自身をただ肯定し続けていられる大人をここ数年で沢山見てきた。

 

僕のやっているエンジニアという職業は、ひどくロボット的だと思う。
奴隷としての能力、あるいは幼少期~青年期に得られた無条件的な自己肯定感、それ以外に自身の拠り所が本当に無い。奴隷ならせめて鎖自慢をするほうがまだ文化的じゃないか?

奴隷になるための教育を受け続けた結果ちゃんと奴隷になれた、というのは人生の常識的なレールの一つではあると思うのだが、結果としてそれは自分や世界のことについて考えるための教育を受けられなかったということでもある。

 

教養は自助努力によっていつでも身につけられる、という言説には反対の立場を取りたい。例えば、任意の何かを成すことがいつでも可能だったら能力に莫大な価値が生じることはないだろうし、対象を教養に限定したとしても、もしそうであればアカデミズムの外部への権威性は今ほど強固ではなくなるだろうと思う。

 

じゃあ教育の岐路に立つ14歳や17歳の時に選択を誤ったのかというと、僕個人はきっとそうではないなあと思う。その頃は何かについて考えることにそこまで強い意欲はなかったし、何かを考える能力は今よりもさらに無く、教育に耐えうるだけの要素が一切欠けていた。

 

自身の過去の行為を反省するにあたり、どこから選択をしていて、どこまで選択させられていたかという判断を下すのは難しい問題に感じる。決定論的立場に立つほうが楽なように見えるので、安直にそうしたくなったりする。

 

さらに、そういった問題に向き合うことをせず、奴隷をやるほうがむしろ気楽であるという気持ちになることもある。それはもしかすると、僕はロボットになる方が幸せだということなのかもしれない。

その幸福を拒否することができれば、それは僕の幸福の限界は僕が肯定できない程度の小さなものだということなのだろう。一方でその幸福に浸るのであれば、それは意思を持って生きるという行為に自分が不適格なのだと認めるということでもある。そんな惨めな二択はあるだろうか。

 

ある程度の年齢になっても生き方がまるでわからない、なんて情けないと自分でも思う。情けないで済めばよいが、そもそも生き方などなく死んだほうがよっぽどマシなのに答えを探しているのだとしたら悲劇だ。

 

こういう悩みに一定の折り合いをつけてくれるのが教養の効果の一つだと思うのだが、無教養をめぐる悩みの解決に教養が必要というのは結構痛快だと思う。

教養がないと人は死ぬことも出来ない。

Twitterを始めてから9年近く経つ。

僕より年上のフォロイーは大半が就職して、年下の各々も人生の輪郭が明確になりつつある。

そして、これはTwitterに限らず、そのまま社会一般にも当てはまるだろう。
SNSは社会に対する覗き窓として機能する側面がある。

 

いくつかの小さな窓を通して世界を見る行為にこれまでの人生の大半を費やしてきたが、
結局のところ、窓の外の世界は僕にとって残酷であり続けている。

 

何らかの尺度を置いた時、もちろん自分より優れた人間はいて、劣っている人間もいる。

ただ、絶望はそこにはない。
本当の絶望は、その優劣を決定する因子に自分の手が届かない、という点にある。

 

社会学では、現代の日本において誰がどの社会階層でどういった社会的活動をするか、ということの因子のひとつに生育環境があるということが明らかにされつつある。

僕はその一連の議論を知った時、途端に社会学に興味がなくなってしまった。

これから世の中がより明確になったとして、その結論がもはや自分を救うことはないからだ。

 

自殺したことがないので自殺者の気持ちはわからないが(自殺しても他人の気持ちはわからないが)、
仮に、自殺が思考の果てに行われる行為だとすると、それは構造主義的な認識の結果なのだろうな、と思う。

 

20歳頃までは、自身を取り巻く環境に対して憎しみや恨みのようなものを抱えていたのだが、
今思えばあれは、もしかしたら環境が変わって自身に(遡及的な)救いが訪れるかもしれない、というひどく妄想のような願望だった。

 

原因を明確にするということは、救済の手段が存在するかを示すということでもある。

 

今はただ、「生きなければいけないのだ」と無条件に命令する自意識を呪うばかりだが、
この由来が判明した時、僕はきっと何らかの形で呪詛から解放されるのだろう。

銭湯生活

ここ一週間ほど、銭湯を利用をしていた。
自宅の給湯器が壊れたためだ。

 

Google Mapで「銭湯」と入れてみて、自宅の近隣に複数件の銭湯があることに驚いたし、
実際に行ってみると、絵に描いたような銭湯が存在していて驚いた。

(ちなみに中身もやはり絵に描いたような銭湯だったが、そこはあまり驚かなかった。
むしろ、世の中で外見と内装が異なる施設をキャバクラくらいしか知らない)

 

田舎育ちの人間にとって、「銭湯」というのは「スーパー銭湯」を指す言葉である。
半年に一回、テンションの行き場がなくなった際に、じゃあちょっと贅沢でもしようかと行く場所で、
その動機は家族で行くファミレスや回転寿司などに近い。

一方、本物の「銭湯」はどこでも同じ値段で入れる上、
だいたいどこも同じ感じの設備で、だいたいどこも同じ感じに年寄りがいて、だいたい毎日、同じ客がいた。

 

うおーすごいなーと感心したのは460円という入浴料の値付けで、
これは、風呂なし物件に住む人間がギリギリ払おうと思う絶妙なラインだと思った。

 

自分は毎日風呂に入ることが最低限度の清潔だろうと思っているので、
風呂なし物件+銭湯 という組み合わせに対する旨みは全然ない。

だが、入浴の回数を切り詰めてでもそこに住まねばならない、という人間はたくさんいて、
そこに入浴の回数を切り詰めるとコストカットが可能ですよという価値を提供できる値段が460円なんだろう。

 

…なんて思ったものの、冷静に考えてみれば、不動産の賃貸料のほうが合わせてきていると考えたほうが良さそう。
銭湯の入浴料は簡単には変わらなさそうだが、賃貸料は変えやすく、かつ競争的なので、
現在の価格的な釣り合いそのものは不動産側の意図でのみ形成されている、はず。

 

そういった感じで銭湯にまつわる大凡の点が腑に落ちたのだが、
そもそも、給湯器が壊れたぞという連絡を大家にしてから交換対応まで10日ほど待たされたというのは
どうやら世間一般では結構雑な対応っぽいので、次はなるべく管理会社がついている家に住もうと思った。

Google Home Mini を買いました。

 

「OK, Google. 今年も一年お疲れさま。」

 

「優しい言葉、ありがとうございます。冬の寒さも吹き飛ぶくらい、暖かい気持ちになりました。」

 

「OK, Google. お前一年間も生きてないだろ」

 

「すみません、よくわかりません。」

 


 

年末です。

特別な行事は何もないと思いつつ、年末特有の、ありとあらゆることに区切りをつけなければいけないという焦燥感があります。
いまは物事の一斉棚卸しのような状態ですが、大抵のことは区切りなど付かずそこらじゅうに散らばるのみで、かなり具合が悪いです。

 

物事を真剣に考え続ける行為が出来なくなったことに、一種の絶望感があります。

労働に時間の大部分を割くようになり、無意識的に「可処分時間のうちどれだけの割合を割いたか」という指標で取り組み度合いを評価してしまうようになりました。
最も軽蔑していた人種に自分が真っ直ぐ近づいていっているなという実感があります。

 

たぶん、昔のようにじっくりと考えれば、自分にはもう幸せになる道などないのだということがわかるのだと思います。
考える間もなく生き続ける、ということはとても残酷で、死ぬ時の感情を想像しただけでかなり悍ましいですが、自らその状態に納まっているので生存本能は人間最大の欠陥だなと思うばかりです。ちなみに人類欠陥ランキング2位は性欲です。

 

来年は、もっと社会を憎み、もっと惨めな人生になっているだろうなと思います。

 

ところで、最近、アニメを見る生活に戻りました。
アニメはいいですね。失っていた自我を少しずつ取り戻せている気がします。


2018冬は三ツ星カラーズが来ると思います。

文章をまとめる能力がメチャメチャ落ちている気がする。
まあ昔から要約するのもオチを付けるのも下手くそだという自覚はあったので、単純に能力が上がっていないんだろう。

昔できたことが今できないという感覚、自分の場合は大体錯覚で、実際は昔もカスみたいな結果しか残していなかったりする。
かと言って、今のほうがマシかと問われれば別にそんなことはなく、昔から何者にもなれない無気力人間なだけで、文章どころか人生にもまとまりがない。

自分を含め、人生を憂う根暗はどうしようもなくキモいが、生きる意味とか考えたことないけど生きるのは当たり前でしょうみたいな根暗はもはや社会が創った悲劇だと思う。
ただ、それはそれで一種の社会適応で、アプローチが「プラスの最大化」か「マイナス感情の最小化」という違いだけで、向かう先は典型的クズも思考停止も一緒のような気がする。

 

こんなことを考え、こんなことでもまあ書いとくかとなっている今、日曜日がちょうど終わったところだが、この土日はどこにも出かけていないし、人との関わりもない。やったことといえば、一週間撮り溜めたアニメを消化しながらソーシャルゲームをオートモードで周回していたくらいだ。

 

奮発して買ったオナホールの入り口が、じっとこちらを見ている。

境界

夏休みをしています。

 

先週の今頃は働いていた、という事実がウソのような感覚です。まるで、生まれたときからずっとダラダラしていた気がしますし、今後も一生ダラダラし続けられる気がしていて、活力に満ちています。

報酬系によって強烈にバイアスが働くのはバカの特徴だと思うのですが、そういう意味では夏休みはバカのための休みという側面が非常に大きいのではないでしょうか。

 

夏休みに会った元同級生がボーナス100万×年2回だと言っていましたが、あれを普段の平日昼間に聞いていたらと思うとゾッとします。人間簡単には死ねないので、おそらく内臓の不調などになるのだと思います。肉体が生に執着するのもバカっぽいなと思うのですが。

 

というか、そんだけ金あったら僕にベーシックインカムできるな、と考えたのは言うまでもなくなのですが、実際のところ月8万円貰えたら普通に楽しい生活が出来ると思うのです。

貧困層中流階級以上の人間を殴って勝手にベーシックインカムをやるみたいな文化が成立する前に、行政がさっさと始めてしまうべきだと思います。

 

ベーシックインカムをやったらお前みたいな人間が働かなくなるからダメだと言われたことがあります。

まあ僕は働かないのですが、僕が働かなかったところで、別に社会の生産能力がガタっと落ちるわけでもないので、別にいいんじゃないでしょうか。

 

供給が減れば単価が上がるので、労働リソースを使った生産活動は確実に難しくなると思いますが、そんなのは人を動かすという行為に技能性を感じている人以外はやりたくないと思うので、まあ、その技能を磨いて人を集めて下さいという感じです。

 

別に労働という形でなくても、幾らでも生産は行われるし、フリーミアムのすごいところは無料のものは貨幣価値が変わってもいつまでも無料というところにあると思うので、財を消費しないと楽しめないというタイプの人以外はまあまあ楽しめるんじゃないでしょうか。

 

まあ、人を集めて働かせる人たちというのは社会的に声が大きくなるので、その人達のおかげのみで、ベーシックインカムは一生成立しないと思っています。

 

閑話休題します。最近のオタクは閑話休題しなくなったのですが、僕はします。

 

社畜らしく技術書などを読んだりモノを作ったりなどしているのですが、やはり自分は勉強がびっくりするくらい苦手なのだなということを再認識する以外にあまり学びがありません。

ちなみに僕はアーケードゲームくらいのサイクルで承認のタイミングが訪れないと終わる性格なので、ソシャゲすらかなり苦手です。

ゲーム脳ってやっぱりあるんじゃないでしょうか。単純作業で脳が退化するみたいな話は完全にライン工の皆さんを敵にしていると思うのですが、そういうのではなくて、成果が出ないとすぐだるくなるのはゲームのせいだと想像する気持ちがあります。世の中は気持ちなので、気持ちが大事です。

 

そろそろソフトウェアエンジニアの間でも気持ち駆動開発みたいなのが流行るのではないでしょうか。まあ実質的に単一の気持ち源によって全てが決定されるみたいな現場はいっぱいあると思うので、もう流行っていると言ってもよいです。

 

エンジニアが体を鍛えて健常者なりきりを始めるのもう見飽きたのですが、言葉はあまり健常者っぽくならないので、もっと精神と感情に動かされてみてほしいです。

理性的であることと倫理を知っているかどうかはかなり無関係なので、そうして終わっていき、反動として一生倫理の話しかしない世界ができあがる、というのがすべての最短パスなのかなと思いました。